症例のご紹介

インプラント症例のご紹介

インプラント症例。ケース1
歯周病のため抜歯となり、抜歯と同時にインプラント埋入。
仮歯も入れたため、治癒期間中も見た目の回復ができました。
外科処置も1日で済み、短期間で治療が終了しました。

インプラント症例。ケース2
虫歯で抜歯となり、抜歯と同時に3本のインプラントを埋入し、インプラントのブリッジとしました。ずっと仮歯も入れているため前歯のない時がありませんでした。

インプラント症例。ケース3
前歯にコンプレックスがあったそうです。その前歯が折れて、抜歯と同時にインプラントを入れました。仮歯も入れて治癒期間も見た目の回復をしました。

もともと歯のないところや虫歯や歯周病や破新のため抜歯となったところに、合計7本のインプラントを埋入しました。
治癒期間には仮歯も入れ銀歯のところはセラミックにかえました。

インプラント症例。ケース5
いつも入れ歯を入れていましたが、インプラントを入れて何でも噛めるようになりました。

セレック-セラミック症例のご紹介

セレック-セラミック症例。ケース1
見た目が気になるということで、虫歯のところと銀歯のところをセレックでセラミックにかえました。すべてセレックで治療したため比較的安く短期間で治療が終わりました。

セレック-セラミック症例。ケース2
歯並びと歯の色が気になっていました。部分矯正を行ってオールセラミックで修復しました。

セレック-セラミック症例。ケース3
保険で入れていた歯の色が変わってきたため、ずっと色の変わらないオールセラミックに変えました。また右上の犬歯はもともと欠損していたためインプラントを埋入し、セラミックを入れています。

セレック-セラミック症例。ケース4
事故で歯が折れたため、部分矯正で歯の根っこを引っ張り出しセラミックを入れました。

セレック-セラミック症例。ケース5
昔入れた前歯が気になるとのことでした。オールセラミックを3本入れて喜んでいただけました。

歯周病、ぺリオ症例のご紹介

歯周病、ぺリオ症例。ケース1
歯ぐきが腫れて歯を磨くたびに出血して、恐くて歯を強く磨けませんでした。
顕微鏡で歯周病菌がいるのを一緒に確認して歯石取りをしました。今では出血も全くありません。

歯周病、ぺリオ症例。ケース2
若くして歯石がいっぱい付いています。早めに治療すると歯の周りの骨が溶けるのを防ぐことができます。

ホワイトニング症例のご紹介

ホワイトニング症例。ケース1
歯の色が気になるとのことで来院され、ホワイトニングを行いセラミックを入れました。人前で口を開けて笑えるようになりました。

ホワイトニング症例。ケース2
ホワイトニングを行い、口元が明るくなりました。

矯正症例のご紹介

矯正症例。ケース1
矯正したことにより見た目だけでなく顎関節の痛みや、めまい、頭痛、肩こり等もなくなりました。

矯正症例。ケース2
歯並びが悪く、右上の犬歯が完全に埋伏していたため歯を引っ張り出して歯を並べました。

矯正症例。ケース3
この状態で矯正していないままだと顎がズレたまま成長し、上顎の成長も抑制されます。

矯正症例。ケース4
上顎の成長が止まる前に矯正をはじめ、上顎を拡大したため、鼻の通りも良くなり、歯を抜かずに矯正治療ができました。

福岡県飯塚市のインプラント・審美歯科「ほわいと歯科」-症例トップへ。