2010年 11月

2010年10月21日に放送されたフジテレビ
「とくダネ!」が取上げたテーマは“歯周病
は全身病”でした。高血圧の患者さんが半年
ほどの歯周病治療で血圧値が158から
128へと改善された症例や糖尿病の患者
さんが歯周病を治療した結果、半年後に
HbA1cが7.4%から6.4%に改善された症例が
紹介されていました。しかし歯周病と全身病
の関連は、医療関係者の間でもまだまだ情報
の共有がなされていないので、全身の健康の
ためにも半年に一度は歯科医を受診するのが
望ましく、また内科と歯科の連携を促すのも大事になってくるとコメントされていました。

Willmake143 12月1日配信

2010年10月12日に放送された「みんなの家庭
の医学」は、“病気は口から始まっていた”が
テーマでした。健康な人でも歯周病菌が原因で
血糖値が上がり、糖尿病の引き金になる可能性
があることや 「合わない被せ物」や「欠けた
虫歯の放置」などの慢性的な舌への刺激が、
舌ガンを発生させてしまうことが紹介されてい
ました。口の中の重大な病を発症する前には、
前触れとも言える、小さな異変が表われている
ことがあるので「超早期発見」も可能だということです。

Willmake143 12月1日配信

月刊糖尿病(2010年12月号)は糖尿病第6の合併症として
歯周病の特集を組んでいます。
「Floss or die ?」
10年ほど前に発信されたアメリカ歯科医師会のこの
キャッチフレーズは、「デンタルフロスを用いて歯磨きを
徹底的に行いますか?それとも歯周病になり、それが
原因で命を脅かすような別の病気にもかかって寿命を
縮めますか?」という意味だそうです。
糖尿病と歯周病の治療には、医科・歯科連携して
取組む体制の確立が必要であることが強調されています。

Willmake143 12月1日配信

月刊誌・文藝春秋(2010年11月号)で “医療の常識を疑え”
が特集されました。
その中で弘岡秀明先生が、インプラント埋入後にインプラント
周囲炎にかかってしまったが、高齢になっていて治療費が
払えず、治療できる医療機関も見つからない―
そんなインプラント難民が増えていると指摘しています。
インプラント施術前に虫歯と歯周病の治療が終わっていること
は大前提。健康を維持するために、適切な治療のみならず
メンテナンスをしてくれる技術力と知識のある歯科医を
選びましょうと注意を促しています。

Willmake143 12月1日配信

ほわいと歯科

ほわいと歯科のスタッフ写真

カレンダー

2010年11月
« 9月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

リンク